タグ:栗原ヒナ

デジモン-ヒナクリスマス
デジモンリンクスの栗原ヒナちゃん
性夜のクリスマックス

クリスマス仕様のヒナちゃんかわいい!!!!
デジモンリンクスプレイできないのが悔しいですねぇ…(スマホ非対応)

デジモン-杏子クリスマス
デジモンストーリー サイバースルゥースの暮海杏子さん
杏子さんと性の6時間を

杏子さんに死ぬほど搾り取られたいんす…。
杏子さんとのえっちはアルファインフォースの力によって何発中出ししようとも
最後の1発しか認識する事ができず云々(あれ?損してる?w)

アルファインフォースネタ何気なく呟いたけど
タクミ「今日は(えっち)1回でいいんですか?」 杏子「あぁ…v」ビクビク(実は既に数回ヤってる)
みたいなラストにできるな…!

バトスピ-最終回

バトルスピリッツ烈火魂の烈火魂ガールズ(黒田環奈ちゃん・群青早雲ちゃん・天魔市ちゃん・美鳥山阿国ちゃん)
バトスピ烈火魂最終回!

究極ゼロで一旦アニメ休止して半年後に新たに始まった烈火魂も早いもので最終回。
待ってる間は長いですが、始まってしまうとあっという間ですねw
ラストバトルは幸村vsノブ兄!
ゴッド・ゼクス-終ノ型-の効果が六天連鎖でみんな6シンボルにするよ!という鬼っぷりw
魔王なだけあって効果も強いし、何より武器のギミックがかっこよすぎる…ゴッド・ゼクスの玩具欲しいw
ソウルドラゴンもラストバトル伝統のパワーアップ形態で応戦。何気に初期キースピでのラストバトル強化って珍しい気がする。
最終決戦に相応しい超作画とCGで熱かったです…!!地味に阿国ちゃんが目立ってたなw(腋とか腋とか腋とか)

全体的なストーリーは戦国時代をモチーフにしてるのもあって、舞台が日本国内だけだったのが
ちょっと寂しかったけど…似たような覇王でも世界大会まで行ったし。
でもまぁ、環奈ちゃんはじめ女の子達が可愛かったので大満足!w
コピー本だった究極ゼロのエリスちゃん本以来、ちゃんと製本した環奈ちゃん本も出せたので思い入れ深いです。
烈火魂1年間ありがとうございました!そして来週からはロリショタなダブルドライブの幕開け…!ジュルリ

デジモンリンクス
デジモン-ヒナ腋コキ
デジモンリンクスの栗原ヒナちゃん
メンテナンス詫び腋コキ

ヒナちゃんの腋締めてる立ち絵の腋ま○こっぷりやばい。やばい
デジモンリンクス気になってはいましたが…案の定所持してるスマホが非対応のためプレイできず…orz
ぐぬぬ…ヒナちゃんの腋ィ…


デジモン-アカリ正常位

デジモンクロスウォーズの陽ノ本アカリちゃん
デジ正常位セクロス!

相手はタイキさんな気で描いてたけど、明らかに大人な体格の男になってしまった…w

デジモンリンクス
デジモン-ひな

デジモンリンクス案内人の栗原ひなちゃん
リンクスサービス開始延期のお詫びおっぱいサービス

以前記事で触れた時はまだ名前が判明してませんでしたが、いつの間にか公式サイトに載ってました!
栗原ひなちゃん…かわいい!できれば全身絵が欲しいです…!(上半身しか分からなかったのでおっぱい絵)

デュエルマスターズVSR
すっごい今更なんだけど、デュエマーランドの社長ってもしかして牛次郎…?
バンチャで牛次郎の出演作散々見てたのに、「ベララララ」って笑い声に今になって気づきましたw
ミミちゃんはシリーズ通して結構出てるし、勝舞も前作から登場。れく太もちょろっと顔出ししたし
無印時代のキャラもちょこちょこながら出てきてますね。白凰様とかジョージも出てほしいな~
…って思ったけどジョージはもう流石に赤ちゃんじゃなくなってるだろうな…w

天元突破グレンラガン
なにやらグレンラガンが再始動するみたいで。好きな作品なので何があるのか楽しみですねー!
個人的にはグレパラ作品『キヤルのマジカルタイム』のシリーズ化をお願いします…w

蒼穹のファフナーEXODUS
最終回!!毎週毎話凄まじい映像クオリティと絶望の物語で楽しませて頂きました。
スタッフの方々お疲れ様でした!&ありがとうございました!!
最終回…芹ちゃんが、織姫ちゃんが、真矢が、総士が、一騎が、竜宮島が…というかもうみんなが…(つД`)
ずっと見てきた島が沈むとこ悲しすぎますよ。そしてこれが『EXODUS』の意味かと。

終盤は心配していた通り尺が足りなそうな感じだったのがちょっと残念だったかな~。
もうちょっと島のみんなの会話や説明が欲しいところがちらほら…一騎と甲洋の会話とか…><
あと真矢のラストが悲しすぎませんか…!? 一騎との絡みも一切なく、憎しみに惑うビリーが死ぬのを看取って…
物語としては必要な事は語れてたと思うけど、やっぱりあと1話分あったら色々スッキリさせられたんじゃないかと。
というかモヤモヤするので後日談スペシャルとかやってもいいんですよ…?w
なんにせよ終わったの寂しい。
 

↑このページのトップヘ